イタチ、ネズミ駆除 2019年夏 施工

今回はイタチ、ネズミ駆除をご依頼いただいた佐賀県神埼市/J様のお宅にてJ様ご夫妻にインタビューをさせていただきました。
イタチ、ネズミなどの害獣駆除のご依頼についてご検討中の方は参考になさってください。
(弊社担当者:四柳、インタビュアー:黒田)

佐賀県神埼市/J様

◆ネズミを追いかけて、イタチが入ってきた!

J様邸・外観

今回のその動物が侵入したと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

奥様:きっかけ…。ドン!バタバタ!となんかこう、動く足音が。というのが。

四柳(弊社担当者):そうですね、もともと、結構あのエアコンの上の方から音が始まるとかって…おっしゃっていましたね。

奥様:そうそう。ドン!ドン!ドドドドドドっていく足音がずーっと聞こえて。で、来た!

ご主人:大体、建ててすぐ後から、もうネズミが入ったんですよね。

四柳(弊社担当者):そうですよね、そうやっておっしゃっていましたね。

ご主人:うん、小屋の方に仮住まいをしたもんで、そこにまずネズミが来て。
そして今度(家を)新しく建てて、(それまで仮住まいしていた小屋のほうに)食べ物が無くなったもんで、今度はこっち(新築した家)の方にネズミが…(笑)

人と一緒にちゃんと引っ越してきたんですね(笑)。なるほど。

ご主人:その後に、ネズミを追っかけて、イタチが入ってきた

もう明らかに (ネズミとイタチでは)足音も全然違いますよね。

ご主人:ぜんぜん違う。

奥様:足音がもう結構(違う)。だからネズミじゃないな、と。と言うのはもう何年も前からね。
あ、また今年も来た、みたいな(笑)

ご主人:重さを感じるでしょうが、ネズミとか。

奥様:ネズミはね、そこまで音が大きくはないだろうから…

四柳(弊社担当者):やはり僕らにくるご相談でも、音を聴き比べるっていうのも中々難しいようですね。『ネズミじゃないと思う!』という表現を皆さんされるので。

奥様:そうですね、ネズミじゃない!とは思いましたね。

四柳(弊社担当者):はい、最初にご相談のお電話をいただいた時も同様のお話だったと思います。

◆この会社を知ったきっかけはインターネットです

弊社を知ったきっかけは何だったのでしょうか?

ご主人:インターネットです。

奥様:でね、赤ちゃんが生まれとったけんね。もうなんか、ずっと(鳴き声が)聞こえますもん(笑)

ご主人:赤ちゃんが生まれとったもんで(笑)

四柳(弊社担当者):寝室の方ですね。

奥様:はい、寝室の方でも聞こえる時もあるし、隣の部屋でもなんかね。ちゅーちゅーちゅー聞こえるけんね。それでもう、ちょっと困ったなということでね、ネットで調べて。

ご主人:眠れない、と(笑)

奥様:はい、ということで電話したんじゃね。

動物の子供が泣いていて、「眠れないから早く来てほしい!」と…

四柳(弊社担当者):確か最初の時、『動物の子どもが(天井裏で)泣いていて、もう眠れないから早く!!』っていうお話をさせていただいて。

ご主人:そうですね。やっぱり糞と尿をしよらせんやろか、とそれがちょっと気になって。

イタチ駆除のご依頼者:J様(旦那様)

奥様:やけん、言ってからは、もうすぐに対応していただきましたね。すぐ見に来ていただいて

四柳(弊社担当者):そうですね、もうほんと…。たしか次の日に来て。で、またその次の日からもう作業に入って。もう、『とりあえず眠れるようにしてくれ』っていうのが、第一のご希望だったので(笑)

奥様:そうですよね!はい!(笑)

四柳(弊社担当者):『どうしてもピーピー鳴くのが困る』ということだったので、僕が行ったときに、子どもがいて捕まえられれば一番いいけれども、とは思ったのですが。『捕まえてくれ』というご要望があったので。
『捕まえられるかどうかわからないけども、何とか音がしないようにします』というお話をしました(笑)、はい。

奥様:そうだったですね~(笑)

ご主人:捕まえたら、臭いが物凄く強いんでしょう?

四柳(弊社担当者):強いですね。下手に子供だけを捕まえて親がずっと探しに来ても面倒だし、親だけ捕まえて子供だけが残ってちょろちょろちょろちょろ動いちゃうっていう、そのどちらも怖いなと思ったんです。それでどうするのが一番いいのかというのを、結構悩んだ覚えがありますね(笑)。

ご主人:こっち(母屋を)建てる前の昔の家はちょうどイタチが入り込んで。そして、このくらいの部屋ですかね。全部閉めたらもう掻きまわって。そうしたら臭いの臭いの。

奥様:部屋の中にも来たことがあったね、昔の古い家。

四柳(弊社担当者):めちゃめちゃ臭いですよね。

ご主人:いや~、(臭いが)もうとれない。

奥様:実際、捕まえたこともあるんですか?

四柳(弊社担当者):何度もありますね。

奥様:そうなんですね。

四柳(弊社担当者):はい、檻で捕まえて。回収する時に威嚇してきて、興奮すると臭腺というか、臭いニオイを出すので…

ご主人:もういっぱいかきまわった、そうしたら、くさいくさい!

四柳(弊社担当者):天井裏などで設置して出す時に動く場所をぜんぶ開けておいてもらって、できるだけサササ!って(笑)外に(笑)
それでも結構…『うわ、やっぱり臭うね~』っていうことが結構あります。

ご主人:ただ逃げた後がここらへんば、うろうろうろうろして…こりゃもう。

奥様:結構見るって言ってた。何かその辺の道端とかで。

四柳(弊社担当者):そうみたいですね。

ご主人:ありゃ遠くにいかんとですか?

四柳(弊社担当者):結局、遠くに行くというよりは、そのイタチの習性で恐らくなのですが、そもそもこのJ様のお家以外の多分ご近所さんに、もともと何件かにまたがって自分の棲家を持っている、という形なので、そこのお家が、どのお家も、入れない、入れない、入れない、となったら、もう移動せざるを得ないのかもしれないですね。

奥様:そうですね、へぇ。

四柳(弊社担当者):多分まだ、何だかんだで他にも過ごせる場所があるのだと思いますね。

◆調査の結果はテレビで写真を見て分かり易かった

調査の結果については侵入口や屋根裏の状況など、分かり易くご説明しましたでしょうか?

ご主人:分かりやすく說明していただきました。はい。

テレビに繋いで写真などでご覧いただいたとか?

ご主人:はい。

まず状況の說明をして、どこから入って何が起きているのかというのも全てわかったような説明内容でしたか?

ご主人:そうですね、はい。

そうでしたか。ありがとうございます。

被害状況を見たときには「ビックリ!!」

屋根裏で足音が聞こえるとか鳴き声がするというのは色々とおわかりになったと思うのですが、実際の被害の写真を見た時にはどう思いましたか?

奥様:そうですね(笑)ビックリ!!

ご主人:う~ん、一回はネズミの糞を見とったけん、ですね。それでもう(笑)またうんちは。

奥様:押入の部分の写真を見せられたときが。あれ、もう(天井から)染みてきてましたもんね。

四柳(弊社担当者):はい。
最初のご相談の時には、『以前からだけど、たまにちょこちょこ音がする』というお話だったので。本音を言うと、僕もあそこまで(被害状況が)進んでいるという心構えができてなかったというか(笑)

奥様:じゃ、結構酷いほうだったんですね(笑)

ご主人:酷いだろう、っていうのは大体想像は。もう、もうだいぶ前から音がしよったけんね。

奥様:ずっとね。毎年、聞きよったし、ね。

四柳(弊社担当者):やっぱりこっち見て、向こう見てで、断熱材が入っていたら、当然、巣にされてしまうということになりますね。それでもう軒並みに荒れていたので、『あ!これはちょっとなかなかだなぁ』っていう(笑)

ご主人:(笑)

見て初めて分かることがやっぱりありますものね。分かりました、ありがとうございます。

◆契約しようと思った決め手は「徹底的に調べてくれたから」

今回の工事を弊社で契約しようと思った要因や決め手となったのはどういった点でしょうか?

奥様:子どもたちからは『他にも当たったら?』とか、実際言われたんですけども、もうねぇ。

ご主人:まぁね、徹底的に調べてくれて

奥様:調べてもらったからね。調べてもらってこうだったから、もうこちらでお願いしようと…。

ありがとうございます。

施工については、写真を撮ってもらって満足。

色々と工事をしながら写真をお見せして、このように施工しました、というご報告をしたと思います。その施工の内容とはどうでしたか?ご満足いただけましたでしょうか?

ご主人:写真を撮ってもらって満足

施工期間はどのくらいの期間だったのでしょうか?

四柳(弊社担当者):もう次の日から。あとはもう、僕がこちらへ来れるだけ即、来させてもらってという感じだったので。
たしか最初は7月の19日に来させてもらって、一番最後が8月の8日。

奥様:はいはいはい。はい、でしたね。

四柳(弊社担当者):そうですね、はい。
なのでもう19に来て20・21・22と、続けてトントントンと入っていって、という感じでした。
ある程度区切りをつけて、それで少し様子を見て、もう1回確認して。最後に断熱材を敷いてという感じだったので、期間は二十日間位ですかね。

大きいお宅だと、結構かかるのですね。やっぱり。

◆保証期間が10年間。これが付いているから安心。

これからだと思いますが、アフターフォローの内容には滿足して頂けそうでしょうか?
その保証期間というのは決まってると思いますが。

奥様:保証期間が10年間ですね。これがついてるから安心ですよね。

ありがとうございます。

ご主人:やっぱりこれは綺麗にしとかんと、また入るのですか?

四柳(弊社担当者):そうですね、やっぱり先日お話しした通り、僕自身もこの近くのお家を何件か(駆除を)しているくらいなので、そういった中でどれだけの数がいるのかわからないうちの一匹二匹を一回捕まえるだけ捕まえても、一時は良くなると思うのですが、多分、また来年には同じことが起こってしまうと思いますので。
ですから、執着のもとになる巣を取り除いたり、フン・尿などのマーキングを消毒しておくことが必要ですね。それに駆除だけにしても住まれている方に健康被害があったら元も子もないですから。
そういった意味では、一度やっておけば、まずこの先 問題ない、というところでしっかりさせていただいてます。

奥様:ありがとうございます。

今回の工事の総合の満足度は100点満点中、何点でしょうか?

奥様:何点ですかって。

ご主人:そうやね、そりゃあ何年後かの評価でしょうね。

そうですよね。
今すぐにはなかなか言えないところはあると思うのですが、とりあえずはここまでの段階でどのくらいでしょうか?

ご主人:まだわからんとけん、80点かな(笑)

四柳(弊社担当者):あとの20点は、この先のところで(笑)

奥様:暑い中にね、ほんと(笑)

四柳(弊社担当者):でも実際そうですよね。
結局僕らとしては、まずは今お困りの所を解決して、というのが一番の重要事項です。お客様としては、それプラスこの先も大丈夫か、ということも含めての内容だ、とは思います。
この先も、もちろん『何も無い』というのが一番良いことではありますけれども、逆に『何も無いことを確認する』ということも、今後やっていこうと思いますので。

奥様:分かりました。

この後は、「任せて良かった!」と思っていただけるように、頑張ります。

最後にですが、今回、四柳(現場担当者)の良かった点などがあれば教えて下さい。

奥様:良かった点(笑)。えー、お父さんお願いします。(笑)

ご主人:(笑)これから考えます(笑)
そりゃね、何年か来んさってから、大体分かるばってんがね(笑)

四柳(弊社担当者):そうですね、なので、僕としては今回まずは任せていただいたということで、あとは…
任せてよかった!と思っていただけるように、頑張ります。


―― J様、このたびは貴重なお時間いただきまして、ありがとうございました!

24時間・365日、ご相談をお受けします。

害虫獣のことなら何でもご相談ください。当社にご相談いただくお客様のほとんどが、初めて駆除専門業者に依頼するという方です。逆に言えば「どの業者に頼んだらいいかわからない」「駆除費用はいくらぐらい掛かるんだろう」という疑問や不安があるかと思います。
些細なことでもけっこうです。
最近天井裏で物音がする・何かの鳴き声がする等々、気になることやお悩みごとがございましたら 何でもご相談ください!
害虫獣駆除には、早めの対策が一番です。
通話料無料:0120-6494-01

おすすめの記事